七月七日情

  (しち)  (がつ)  (なの)  (か)    (は)

あいたくて あいたくて あいなくて

あいたくて あいたくて    (ほし)   (ねが)って

  (てん)   (おお)きく    (いち)  (しゅう)しても ずっと

あえなくても あえなくても

  (おも)   (つづ)けて    (くも)   (ほし)   (かく)した   (よる)にも

ずっと    (き)  (せき)   (お)きなくても

  (そら)のふたりが   (あ)える    (こん)  (や)だけ

  (いっ)  (しゅん)でいい    (おも)   (だ)して ただそれだけで

 (あした)も あなたを   (おも)う    (ゆう)  (き)にある

  (ま)  (よ)  (なか) 一度  (いちど)だけ    (な)ってきれたでんわを

  (しん)じたい いなたも   (いま)  (ごろ)

  (わたし)   (おな)   (き)  (も)ちで この   (そら)を    (み)てると

  (き)  (せき)   (お)きなくても ベガとアルタイルが

  (あ)   (こん)  (や)は    (は)れるように   (いの)るう

  (ゆう)  (だち)   (あと)  (ぬぐ)った   (かぜ)   (な)りの   (にわ)  (おと)   (た)てる

  (こん)  (や)かなえたい   (ねが)いは たったひとつ

あいたくて あいたくて あいたくて

    全站熱搜

    cat8901 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()